ビリヤード あれもこれも

ビリヤードに関することを、あれもこれも発信していきます

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タップ交換のやりかた

今日はタップ交換のやり方です。

すでにいろいろな方が記事にしていますが、せっかく写真を撮ったので何回かに分けて説明していきます。



当然ですがまずはじめに現在着いているタップを外します。

私は安い切り出しナイフを使っていますがカッターでも問題ありません。

ペンチで外す人まいるようですが、私はやったことありません、、、



できるだけ先角とタップのギリギリの所から切った方が後の作業が楽になります。



どうしても先角にタップのカスが残ってしまいます。

逆にタップに何もほとんどカスが残らなかった場合、接着が上手くできていなかった可能性があります。


次に先角に残っているタップのカスをカッターで慎重に取っていくんですが、写真を撮り忘れてしまいました。

申し訳ありませんm(__)m

ここでは、先角を削ってしまわないように注意して下さい。

次は先角の水平出しです。



先角のタップのカスが取れたら画像のようにカッターの刃を先角に平行に当てて、シャフトをクルクルと回していきます。

回していると白いカスが出てきますが先角ではなく、残っている接着剤なので問題ありません。

先角と接着剤の違いは分かりにくいですが個人的には少々先角を削っても問題ないと思っています。

むしろ遠慮して先角が水平になっていない方が問題です。

水平になっているかは先角にカッターの刃を水平に置いてみて隙間があるかどうかで確認します。

水平になっていない場合は刃と先角の間に隙間があるのが肉眼でも分かります。


長くなったので続きはまた次回m(__)m



ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
おすすめDVD
プロフィール

カタカタ君

Author:カタカタ君
ビリヤードに関することをいろいろと発信していきます。

中古ビリヤード用品探すならヤフオク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
訪問者
最新トラックバック
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。