ビリヤード あれもこれも

ビリヤードに関することを、あれもこれも発信していきます

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴前からの出し②

前回からの続きです。

的球までの距離が離れていてイメージしている厚みに当てることができないとはどういことか説明します。



上の図で①番をポケットするのは簡単ですよね?

では②番はどうでしょうか?
初級者にかなりの難球だと思います。

ですがどちらも手球と的球までの距離はほとんど同じです。

ただポケットするだけなら①番は穴前なので当たりさえすれば入るといった感じですね。

②番をポケットするためには結構シビアな制度が要求されます。

ですが①番を入れてポジションしなければならないとなると、ある程度正確な厚みにヒットさせなければなりません。

前回の記事の穴前システムを見ても押し引きや捻りナシで当てる厚みが変わるだけで手球の進行方向が変わることが分かります。

当然厚く当たると手球の勢いが無くなり、

薄く当たればそれ程勢いが無くならないので力加減も変わってきます。

この狙った厚みに当てる事が難しいにも関わらず、

簡単な球だからといい加減に撞いてしまい失敗を繰り返している方が多いように思います。


いい加減な狙いで撞いていたのでは狙った厚みに当たらなかったのかそもそも力加減が間違っていたのか分からないですよね?


慎重に狙って撞くと失敗したとしても、今のはちょっと厚く当たってしまったとか弱かったとか次に繋がってくるハズです。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ








スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
おすすめDVD
プロフィール

カタカタ君

Author:カタカタ君
ビリヤードに関することをいろいろと発信していきます。

中古ビリヤード用品探すならヤフオク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
訪問者
最新トラックバック
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。