ビリヤード あれもこれも

ビリヤードに関することを、あれもこれも発信していきます

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューを水平に振る

今日はストロークについてです。

キューを水平に振るというのはいろいろな本に書いてあったり、中、上級者の方もおっしゃているのでみなさんも意識はしていると思います。ですが意外と難しく、特に自己流でやっているとキュー尻が上がっていることに気付かず、角度のついたストロークが癖になっている人も多いと思います。

実は自分もその一人で、キュー尻が上がっていることは自覚していたのですが、どうしてもキュー尻を下げるとストロークしづらく、今までないがしろにしてきました。

初級者のためにキューに角度がついたストロークのデメリットを挙げると
・手球の左右を撞いたときカーブが多く出る。
 手球の真ん中を撞けるようになれば関係無いと思うかもしれませんが、正確に真ん中を撞き続けることは非常に難しく、 カーブの出にくいストロークをする方が簡単だと思います。

・ハードショットや押し球の際、手球のジャンプが大きくなる。
 初級者の方にはわかりづらいかもしれませんが、ジャンプショットではない普段のプレーでも手球の上側を撞いたときや、キューに角度がついた状態で強く撞くと手球は跳ねています。



こちらの動画を見ても手球が浮いた状態で的球に当たっているのが分かると思います。

キューに角度のついたストロークではもっと手球が跳ねてしまいます。
ジャンプショットをする際、極端にキュー尻を上げて撞くことからも、キュー尻が上がれば上がるほど、手球が跳ねるのは想像できますね。

手球が跳ねた状態で的球に当たると、跳ねていない状態と同じ狙いでは的球をポケットすることができない事があります。詳しくは調べていただくか、また気が向いたら記事にしたいと思います。

以上のように様々なデメリットがありますね。

しかし自分のように少しぐらいキュー尻が上がっていてもなんちゃってB級ぐらいにはなれます。
たまにはマスワリもできるぐらいにはなれます。

でもやっぱり入れの精度も悪く、プレーが安定しません。
A級になるにはこの欠点を改善しなければならないと思うので、遅くなりましたが改善に取り組んでいます。

初級者のかたは後から苦労するような遠回りをしないためにも初級者の頃からデメリットを意識して、練習に取り組んでください。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
おすすめDVD
プロフィール

カタカタ君

Author:カタカタ君
ビリヤードに関することをいろいろと発信していきます。

中古ビリヤード用品探すならヤフオク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
訪問者
最新トラックバック
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。