ビリヤード あれもこれも

ビリヤードに関することを、あれもこれも発信していきます

 

2014年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新品未使用MEZZパワーブレイク



ヤフオクで新品未使用のMEZZパワーブレイクが出品されています。

6月28日 22時1分迄です。

最終的にいくらになるか分かりませんが購入を考えている人は要チェックですね。

私は結構ヤフオクで道具やツールを集めているので、今後もお得な商品が出ていたら紹介したいと思います(^o^)

ちなみに今回のパワーブレイクは使ったことがあるので狙いません。

あと私が出品者ということもありませんので^_^;


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ
スポンサーサイト

アレックス・パグラヤンのセーフティ

2013年関西オープン、アレックス・パグラヤン 対 青木プロの試合です。

パグラヤン、ブレイクで取り出しが土手撞きロング。

WS000003.jpg

①番を入れるだけならトッププロですから、かなりの確率で成功すると思います。

問題は②番へのポジションですね。

立てキューでシュートできてもフット付近に邪魔な球も多く、

逆押しでも3番に当たりそうですし、私だったらまず入る気がしません。

でもトッププロなのでギリギリ②番が狙えるところで我慢するのか?

無理やりポジションしに行くのか?

⑥番が邪魔なので腹切でのセーフティもできそうにない。

と、観ていたところパグラヤンが選択したのはセーフティでしたね。


セーフティ後の配置がこちら
WS000004.jpg

ちょっと手球が走りすぎたのかもしれませんが、十分なセーフティです。


ではどう撞いたのか?

こちらです。


前クッションで①番に薄く当てて手球を短、長と回してきました。

知っている人からすればなんてことない球なのかもしれませんが、

普通に入れのある球を前クッションからセーフティにいくという発想が全く無かったので、

なるほど!!と思わされましたね。

まだ実戦で試したことがないので、早く試したいです>_<


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

ナインボール世界選手権 無料配信登録しました

現在カタールで行われているナインボール世界選手権のライブ映像が無料で観れるということで、登録してみました。

英語なので何書いてるか分かりませんでしたが無事登録できました。

参考にする方がいるか分かりませんが簡単に登録までの流れを

WS000007.jpg

赤線で囲っている部分にニックネーム、メールアドレス、パスワードを入力。

すると登録したアドレスにメールが届くので
WS000009.jpg

赤線で囲んでいる部分をクリック

画像を取り忘れましたがパスワードを入力する画面がでるので先ほど登録したパスワードを入力。
以上で完了です。

WS000008.jpg
これで世界選手権が無料で観れるのはかなりお得ですね。

JPBAからステージ2へは土方隼斗、田中雅明、羅立文、赤狩山幸男、栗林達、大井直幸の6名が参戦!

また日本人チャンピオンの誕生に期待したいですね。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

あまり使えなかったツール


これなにかわかりますか?

カッコ良く言えば自宅用ミニ旋盤!!

黒いローラーがスムーズに回転するのでシャフトやバットを載せてメンテナンスすることができます。


この様な感じです。

パット見は使えると思ったんですけどね…

まずシャフトをメンテナンスする機会がそんなにない。

タップ交換時のタップ側面を磨こうと思ったらシャフトが前後に動きまくる。

挙げ句の果てに土台そのものが動きまくる。

ストレスが溜まるだけのツールでした。

なかなか取り扱っているお店が見つからなかったのでヤフオクで4千円ぐらいで購入しました(−_−;)

私は興味本位で買ってしまいましたが、皆さんは買わないことをオススメします。

誰も買わないか…笑


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

続 引き球のコツ②



前回の引き球のコツの続きです。

トッププロはキューをあまり出していないという話しでした。

また私が思うキューを出そうとすることによる弊害は肘が下がることです。

多かれ少なかれほとんどの方はキューを水平に近く出すために肘が少し下がりながらストロークしています。

肘を完全に固定したままでは振り子と同じなので、キューを水平に振ることは不可能です。

なのでキューを出そうとすればするほど肘の位置を下げ、それでも足りない場合は肘の位置を前に出してしまいます。

そんなに支点が動いて狙った撞点を撞けるでしょうか?

それに肘の位置が下がるということはキュー尻も下がります。
すると必然的にキュー先が上がり狙った撞点より上を撞く可能性が高くなります。

キューを出す練習をして引けずに悩んでいる人は一度キューを出さないイメージで撞いてみてください。

新しい発見があるかもしれません。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

引き球のコツ②



この配置で手前の短クッションまで引いてくることができますか?

簡単ではないですが、B級になるまでにこの距離は引けるようになっていた方が良いと思います。

キュー切れやハードショットに頼らない取り切りをすることは重要ですが、ポテンシャルが高いことはプレーの安定に繋がります。

初めから取り切り方にこだわり過ぎると成長に歯止めをかけてしまう恐れがあるので最低でもこの配置は引けるようになりたいところです。

本題の引き球のコツについてです。

良く教則本やネットでも引くためにはキューをしっかり出すと書かれていることが多いですよね?

本当にキューを出す距離がキュー切れと関係あるんでしょうか?
トッププロのキュー出しを見ているとストロークが綺麗なのでキューが出ているように見えますが、そんなには出ていません。

キューズの企画であるトッププロ研究所で西尾プロがいろいろなトッププロのフォームを解析していますが、大体テイクバックの半分程しかキューは出ていないのです。

ですからキューが出ていないことが引けない原因である可能性は低いと思います。

長くなるので続きます。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

サプリメントでメンタル改善!?

ビリヤードはメンタルスポーツと言われメンタルが勝敗に大きく関わるとされていますよね。

私レベルだとメンタルとかの次元ではなくただ下手なだけですが…

メンタルと一言でいいましてもその中には、

簡単な球だけどハズしたら負けてしまうというプレッシャーや

配置が難しく取り切る自信が湧いてこない不安感や

格上相手に良い球を撞いてやろうと思って空回りしてしまったり

自分のミスに苛立って冷静な判断ができなくなったり

相手のフロックで苛立って適当に撞いてしまったり

様々なメンタルが存在しますよね。

今回はその中でもちょっと撞けるようになってきたB級ぐらいに1番多いんではないかと感じる、最後の二つ!
苛立ってしまうのを抑える方法にいつてです。


これですね。

カルシウムが足りてないとイライラするとか巷では言われています。

ということはカルシウムのサプリメントを摂取すればイライラしなくなるのではないのか?

そう思いしばらく摂取し、効果もあったように感じます が…

この記事を書く前にネットで調べてみるとカルシウム不足でイライラするなんてのは都市伝説みたいなものみたいです((((;゚Д゚)))))))

効果があった気がするんですけど…?
カルシウムを摂取しているからイライラしないと自分に言い聞かせていただけ?

どなたか検証お願いいたしますm(__)m笑


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ


ビリヤード腰痛改善


ビリヤードプレイヤーで腰痛に悩んでいる人は多いと思います。

大井直幸Pも最近は腰痛が酷くしばらく球が撞けないこともあったようです。

私も腰痛持ちです。

私の場合はそこまで酷く無かったので今までは特にストレッチやトレーニングはしたことなかったのですが、ふと妻が使っているクビレディーAirなるものを見て腰痛改善に使えるんじゃないかと思って使ってみました。

本来は不安定なイスに座って骨盤周りや腹筋のトレーニングをし、クビレを作るものです。


使ってみるといってもただ座っているだけなんですが…
まだ半月ぐらいしか使っていませんが腰痛が少し改善したように感じました(≧∇≦)
なので、しばらく続けてみたいと思います。

5千円ぐらいしますが、腰痛に悩んでいる方は奥様へのプレゼントとして買えば一石二鳥ですよ(=゚ω゚)ノ


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

贅沢なブレイクキュー


なんとあのエクシードから特注ブレイクキューが発売されたようです。

デュアルパワーコア構造でシャフトはディープインパクトPROを装備。
グリップも少し太めに作られているようですね。

Newartさんで購入できるようですが、価格は17万円!!

私の弁慶が3本以上買えますね(・・;)

1回ぐらいは撞いてみたいもんですね。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

2球取り切り 順下マックス

今日はこちらの配置です。


良くありそうな残り2球です。

この配置で気をつけるのは左のサイドポケットへのスクラッチですね。

サイドポケットの上側にツークッション目を入れるのか、サイドポケットの下側にツークッション目を入れるのかハッキリと決めて撞かないと妙にスクラッチするんですよね。

自分は配置図を見ると順下(この配置では右下)でサイドポケットの下側にツークッション目を入れて出せそうな感じがしますね。


ですが、世界チャンピオンになった赤狩山Pでも順下マックスでサイドポケット下側のラインのようです。

自分も試してみたんですが、サイドの下側に出せるときもあれば、上側になったりスクラッチしたりと、なかなか安定してサイドの下側には出せませんでしたね。


なので自分たちはサイドポケットの上側にツークッション目を入れて⑨番を頑張って入れるのが無難かもしれませんね。


まずはみなさんも試してみてください。
捻りに限らず色々な配置で自分の限界を知るのはとても重要なことだと思います。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

おすすめDVD
プロフィール

カタカタ君

Author:カタカタ君
ビリヤードに関することをいろいろと発信していきます。

中古ビリヤード用品探すならヤフオク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
訪問者
最新トラックバック
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。