ビリヤード あれもこれも

ビリヤードに関することを、あれもこれも発信していきます

 

ポジション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2球取り切り 順下マックス

今日はこちらの配置です。


良くありそうな残り2球です。

この配置で気をつけるのは左のサイドポケットへのスクラッチですね。

サイドポケットの上側にツークッション目を入れるのか、サイドポケットの下側にツークッション目を入れるのかハッキリと決めて撞かないと妙にスクラッチするんですよね。

自分は配置図を見ると順下(この配置では右下)でサイドポケットの下側にツークッション目を入れて出せそうな感じがしますね。


ですが、世界チャンピオンになった赤狩山Pでも順下マックスでサイドポケット下側のラインのようです。

自分も試してみたんですが、サイドの下側に出せるときもあれば、上側になったりスクラッチしたりと、なかなか安定してサイドの下側には出せませんでしたね。


なので自分たちはサイドポケットの上側にツークッション目を入れて⑨番を頑張って入れるのが無難かもしれませんね。


まずはみなさんも試してみてください。
捻りに限らず色々な配置で自分の限界を知るのはとても重要なことだと思います。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

スポンサーサイト

初心者 3球取り切り シュートラインについて

前回の続き、シュートラインについてです。


このシュートラインの下側にポジションしてしまったらどうなるか?

⑧番を入れることができても手球が⑨番の反対側へ行くので難しくなりますよね?

これを逆フリと言います。
入れたら手球が⑨番の方へ行くのが順フリです。

逆フリでも中級者や上級者は⑧番から⑨番へポジションすることができますが、難易度は上がってしまいます。

これが2球取り切りと3球取り切りとの大きな違いですね。

2球であれば次の球を入れやすいところにポジションすればフリはどちらでも問題ありませんよね。


逆フリにならないためにもこのシュートラインをイメージすることが重要です。

プロや上級者が簡単に取り切っているように見えたりするのはフリを間違えないからなんですね。

もし⑦番から⑧番を


このようにポジションしようとしていたら少し強いだけでシュートラインの下側に手球が行ってしまいます。

フリーボールであれば取り切り例のようにシュートラインの上側にポジションしやすいように⑦番をシュートすることができますが、

相手から回ってきた場合は、上の配置図のように⑦番から⑧番へポジションしなければならない場合も多くあります。

そのような場合でもフリを間違えないように力加減を考えることで取り切り確率は高くなるハズです。


3球以上の取り切りではフリが非常に重要となってくるので、練習や動画を見るときにもフリを意識して取り組んでみてください。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

初心者 3球取り切り②

前回の続きです。

まずは取り切り例です。


⑦番から⑧番を図のようにポジションすることができたら簡単に取り切れそうですよね。

⑧番から⑨番は手球の位置や好みによって、長クッションから、短クッションから、クッションを使わない等がありますね。

厚ければ長クッションを使って

薄ければ短クッションを使って

その間ならクッションを使わない

といったような感じですね。


では⑧番とサイドポケット、長クッションを結んだ点線は何でしょうか?


シュートラインと呼ばれるものです。

上の配置図でシュートラインの下側に手球がありますがもし⑦番から⑧番へのポジションがここになってしまったらどうなるか考えてみてください。

次回、シュートラインについて。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ


初心者 3球取り切り

今日は初級者向け3球取り切りです。

⑦番から⑧番がシュートできるところにポジションするだけならそんなに難しくありませんね。

ですが今回は3球の取り切りです。

⑧番から⑨番がシュートできるところにポジションしなくてはいけません。

ということは⑦番から⑧番へのポジションはただ⑧番がシュートできるところではなく、⑧番を入れやすく⑨番へもポジションしやすい所にポジションする必要があります。

では⑧番を入れやすく⑨番へポジションもしやすい所とはどこでしょうか?

それは、残り⑧番と⑨番でフリーボールを貰ったときに自分が手球を置く場所です。(わからない方は過去の2球取り切りの記事を参考にしてください)

⑦番から⑧番へポジションするときにそこへ出すことができれば後は2球取り切りと同じです。

続きます

ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ





続 2球取り切り

2球取り切りの続きです。

前回ひと工夫するだけで難易度がグッと下がると言いましたが、それはキスショットです。


キスショットとはポケットしたい的球を別の的球に当ててポケットさせることです。

では実際にどうするのか?

⑧番をシュートとする際に⑨番に当ててポケットさせることにより⑨番がサイドポケットから離れて行きます。

⑨番をシュートしようとするとほぼスクラッチするということは、⑧番を⑨番に当てれば簡単にポケットさせることができるのです。

ですが後のことを考える⑨番に対して薄めで、力加減は弱めの方が簡単な配置に残り易いと思うので

そこらへんも意識して試してもらいたいです。

もし⑨番が難しくなってしまっても頑張って入れるだけです。

何も考えずに⑧番を入れるより断然取り切りの確率は高いと思います。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

おすすめDVD
プロフィール

カタカタ君

Author:カタカタ君
ビリヤードに関することをいろいろと発信していきます。

中古ビリヤード用品探すならヤフオク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
訪問者
最新トラックバック
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。